【掲載方法】

他の治療法との違いインプラント 口コミ 評判 ランキング

ホーム>他の治療法との違い

スポンサード リンク

他の治療法との違い

インプラント治療と他の治療法の違い

画像の説明

歯を失ってしまった後の治療として、近年よく取り入れられているのがインプラント治療です。
インプラント治療は、他の治療方法と比較して機能的に優れている治療と知られており、全国の歯科医院でも人気があります。
具体的にどのようにインプラント治療が優れているのかご説明します。

ブリッジ治療との違い

ブリッジ治療とは、歯を失った箇所の両側の歯を支柱にするために削り、そこに一体型の人工歯をかぶせる治療法です。
固定されていますので、入れ歯のようにガタガタとずれる感覚はありません。
手術をする必要もないため、1本や2本など部分的に抜けてしまった際に取り入れられる方法です。
問題なのは、ブリッジをするために健康な歯を削らなければいけないことです。
削るという行為は、支柱となる健康な歯に負担がかかってしまい、歯の寿命が短くなってしまうこともあります。
また、ブリッジと歯肉の間に食べ物のカスが溜まりやすいので、きちんとお手入れしなければ虫歯になってしまう恐れがあります。
しかし、インプラント治療なら周囲の健康な歯を削らずに済みますので、他の歯への負担がかかりませんし、失った歯根も補われるので、均等に力がかかりより自然な感じになります。

入れ歯との違い

入れ歯は、取り外しできる義歯を作り、失った歯を補う治療法です。
部分入れ歯と総入れ歯がありますが、保険が適用されますので治療費を安く抑えることができます。
しかし、入れ歯は噛む力が3割ぐらいしか出せず、食事時の不快感に悩まれる方も少なくありません。
インプラント治療は、自分の歯と同様の感覚で噛むことができますし、入れ歯のように歯が外れるという心配も不要です。

差し歯との違い

差し歯とは、自分の歯根に歯冠部を差し込むといった治療法です。
全く歯根が残っていない場合は、差し歯をすることはできません。
その点、インプラント治療なら人工の歯根を骨の中に埋め込みますので、歯が抜けて歯根がない方でも治療を受けることができます。


画像の説明

このようにインプラント治療には、他の治療法よりも優れた魅力があります。
実際に治療を受けるなら、腕に自信のある名医を探したいものです。
インターネットを利用すれば、東京をはじめとしてお住まいの地域にいる名医を探すことができます。
あなたにとって相性のいい歯科医師を、探してみてください。


スポンサード リンク

ホーム>他の治療法との違い

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional