【掲載方法】

インプラント症例1インプラント 口コミ 評判 ランキング

ホーム>インプラント症例1

スポンサード リンク

インプラント症例1

インプラント症例1

インプラント一本の治療例

術前
左上1番の歯の根が破折していたので、抜歯と同時にインプラント治療しました。

画像の説明 画像の説明

画像の説明

術後
インプラント治療ブリッジのように健康な両隣の歯を削ることなく、自然な治療が可能です。

画像の説明 画像の説明

インプラント犬歯1本欠損の治療例

上の犬歯の差し歯がはずれてこられた患者様ですが、歯が破折しているので保存できませんでした。
前後の歯は天然のいい歯なので、削ってブリッジにすると負担がかかります。

そこでこの患者様は破折した歯のみを抜歯してその日にインプラントを埋入する抜歯即時インプラント治療を受けられました。
切開をしないフラップレスオペでしたので痛みも腫れもまったくありませんでした。
フラップレスオペはインプラントを入れる方向が難しいのですが,当院には手術中に方向を確認できるCTが設置されていますので安全にオペできます。
術後の仕上がりにも大変満足していただけました。

術前

画像の説明 画像の説明

画像の説明

術中

画像の説明 画像の説明

術後

画像の説明

インプラント臼歯の治療例

術前
右下6番の歯の根が破折していたので、抜歯と同時にインプラント治療しました。

画像の説明 画像の説明

画像の説明

術後
インプラント治療ブリッジのように健康な両隣の歯を削ることなく、自然な治療が可能です。

画像の説明 画像の説明

インプラント上顎大臼歯欠損 ソケットリフトの治療例

術前
右上の奥歯が三本ありません。(右上567番欠損)部分義歯を入れておられましたが、残っている前歯に負担がかかって前歯もグラグラになり保存不可能な状態でした。 また、歯槽骨が吸収されており、上顎洞底まで3ミリしかありません。 このままではインプラントを埋入するスペースがないので、インプラント治療の前にソケットリフトを行います。

画像の説明 画像の説明

骨の吸収とは?
歯を失うと、歯槽骨と呼ばれる歯の土台の部分が吸収されていきます。
上の奥歯を失うと、頬の横にある上顎洞という空洞が拡大するので、さらに歯槽骨の吸収が進みます。 歯槽骨が吸収されると歯肉がやせ、インプラントを入れるスペースがなくなります。
ソケットリフトインプラント埋入
ソケットリフト法で上顎洞底部を押し上げた後、すぐにインプラント埋入を行います。
インプラントの埋入は二回法で行い、インプラントが骨と結合するまで待ちます。

画像の説明

画像の説明 画像の説明

ソケットリフト法とは?
上顎洞底部を押し上げ、歯槽骨の高さを確保する治療方法です。 押し上げた部分に骨補填材を填入します。インプラントを埋入する部分(歯槽頂)から押し上げるので、傷口が小さくて済みます。
術後の腫れもほとんどなく、入院の必要もありません。
骨が薄い場合の治療について
インプラントを入れる周囲の骨量が不足している場合、医院によってはインプラント不適合と診断されます。当院ではソケットリフト法を行っておりますので、骨が薄いと診断された方でもインプラント治療が十分可能です。


インプラント多数歯欠損の治療例


画像の説明

術前 1
入れ歯(義歯)を装着した状態です。上の歯のほとんどが抜け落ちています。普段は入れ歯を入れておられますが、噛み難い・入れ歯がずれるなどの不都合が生じたため、インプラント治療を行うことになりました。


術前 2
入れ歯(義歯)をはずした状態です。上の歯は、2・3本しか残っていません。長いこと入れ歯が歯肉を圧迫していたため、歯肉がやせています。

画像の説明 画像の説明

画像の説明

術後
インプラント治療にて前後の歯に負担をかけることなく、自然な治療が可能です。

インプラント本体を装着








アバットメント








冠のブリッジを装着すれば完了です

画像の説明


画像の説明


画像の説明

インプラント治療後は、天然の歯と全く変わらない仕上がりです。 口を大きく開けても、インプラント治療をしていることが他の人に気づかれることはありません。
固定性なので、取り外しての清掃が必要ありません。

インプラント上顎全歯欠損の治療例


画像の説明

術前
上の歯が全くありません。上顎は全体的に歯肉がやせており、骨の吸収が進行しています。このままではインプラントを埋入するスペースがないので、ソケットリフト法で骨量を増やす治療を行いました。

画像の説明

術中
人工歯根フィクスチャー)が骨と結合した後に装着する上部構造です。 歯肉の退縮が著しいため、擬似歯肉を作成します。

画像の説明 画像の説明

画像の説明

術後
自然の歯と全く変わらない見た目と感覚が得られました。

画像の説明 画像の説明

最も吸収の著しかった部位では歯槽骨がわずか2ミリと非常に難症例でしたが、 ソケットリフト法により、初診から上部構造装着まで10ヶ月という短期間で治療が完了しました。

インプラント下顎無歯顎症の治療例

術前
上の歯が1本もない状態です。








インプラント埋入
インプラントを埋入しました。








術後
インプラントの上に入れ歯(オーバーデンチャー)を装着。



画像の説明


画像の説明


画像の説明

義歯がパカパカ浮き上がらなくなりました。 オーバーデンチャーはしっかり固定されるので、何でもよく咬めるようになります。

インプラント重度歯周病で上下顎全歯欠損の治療例

歯がグラグラで長期間歯周病に悩んでおられた女性です。

おもいきってインプラント治療をされました。

上下のオペですが、カルシテックインプラントはHAという特殊コーティングしていますので、このような重度歯周病の方は通常1年半くらい治療期間がかかりますが、このかたは10ヶ月で終了しメンテナンスに入られました。

何でも咬めるようになり随分若返ったととても喜んでいただけました。

術前

画像の説明 画像の説明 画像の説明

画像の説明

術中

画像の説明 画像の説明 画像の説明

画像の説明

術後

画像の説明 画像の説明 画像の説明

画像の説明


上の前歯の破折を抜歯即時インプラントで修復したケース

40代女性、上の前歯を差し歯にしてましたが、根元が何度も腫れて破折が疑われました。

他院にて前後の歯を削るブリッジの説明を受けられましたが、「健康な歯を削りたくない」というお気持ちでインプラント治療を希望されました。その医院でもインプラント治療をされていたそうですが、抜歯して半年してから手術に入る話だったり、あまり実績をお持ちでなかったということで転院されてきました。

画像の説明
CTで歯と骨の状態を確認し、頬側の骨の部分が一部とけていました。
前後の歯を削ることを考えると、治療法のメリットデメリットを考慮しインプラント治療が第一選択とされるケースです。

画像の説明
抜歯即時インプラント挿入

画像の説明
オペ3ヶ月後にアバットメント

画像の説明
オペ3ヶ月半後にオールセラミック冠を装着

患者さんは短期間で痛みと腫れの少ない治療で、健康な歯を傷つけることなく自然な歯を取り戻されて大変満足していただけました。

上下ブリッジ予後不良ケースをインプラント(AGC)で修復したケース

70代男性のケースです。 20年前に東京でインプラント治療を受けられましたが、ご自身の歯も動いてきて咬めなくなりご来院されました。

画像の説明
画像の説明

残念ながら左下のインプラント以外は保存不可能で除去が必要でした。上顎の臼歯部も骨が非常に少なく、ピエゾエレクトリックディバイスという最新の器機を用いて骨を移植したり、仮のインプラント入れて咬める環境を作ったりして治療を進めていきました。 途中患者さんが体調を崩されて入院されたため1年くらい治療を中断しましたが無事再開しました。 患者さんの年齢などを考慮し、患者さんはとりはずしできませんが医師や衛生士がメンテナンスで取り外しの出来る、AGCを用いたフルマウスブリッジの設計をしました。

画像の説明
アバットメントにAGC入りのブリッジを装着

画像の説明

画像の説明

上下ブリッジをセット セット後、「何でも食べられる。何一つ不自由しない。年齢的に反対する人もいたが、ボクは逃げたくなかった。このまま終わりたくなかった」というお言葉をいただき、私の方がむしろ感動をいただいたケースです。 お口は健康の入り口です。いつまでもご健康で快適な生活を送っていただきたいと思います。
上記記事は、
うえはら歯科
広島県呉市焼山中央2-4-8
TEL:0120-34-4886
からの情報発信です。この記事を見て通院したいなと思う方は、以下をクリックしてください。
http://www.kure-implant.com/


スポンサード リンク

ホーム>インプラント症例1

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional