【掲載方法】

インプラント義歯インプラント 口コミ 評判 ランキング

ホーム>インプラント義歯

スポンサード リンク

インプラント義歯

インプラントに関する動画

インプラント義歯

インプラントに関する動画

インプラント義歯とは、歯単体をつけるのではなく、総義歯などをつけるインプラント治療のことです。
通常のインプラント治療のように人工の歯根を打ちこみ、その上に義歯を取り付けます。

しっかり歯を固定でき痛みなどが少ないですが、値段が高くメンテナンスが必要といった特徴があります。
外科的手術を行います。
保険適用外です。


その他の治療と比較した利点・欠点

ブリッジ治療と比較した利点・欠点

ブリッジ治療と比較した利点・欠点

ブリッジ治療

ブリッジ治療とは、歯を失った箇所の両隣の歯を削り、両隣の歯(支台)に一体型の連結冠を被せて歯の欠損部を補う歯科治療法です。
セメントを使用し支台に固定するため、入れ歯のようにガタつかず違和感が少ないという利点はありますが、本来、歯があった部分にかかっていた大きな咬合力が支台(支え)にした両隣の歯にかかってしまうため、歯の寿命を縮めてしまうという大きな欠点もあります。また、ブリッジと歯肉の間には隙間が生じることから、隙間の部分に食べ物が詰まりやすく、そこから虫歯や歯周病になりやすいという欠点もあります。さらに、両隣の歯(支台)が健康な歯であれば、歯を削ることにより虫歯になるリスクが高まるという欠点も生じてしまいます。

インプラント治療

顎の骨にインプラント人工歯根)を埋め込むインプラント治療なら、健康な歯を削る必要がありません。また、欠損歯だけではなく、欠損した歯の根も補われますので、咬合力が均等にかかることにより、残された歯を傷めにくくするという利点もあります。
ただし、インプラント治療には保険が適応されませんので、治療費用が高くなってしまうということだけが唯一の欠点となってしまいます。



入れ歯治療と比較した利点・欠点

入れ歯治療と比較した利点・欠点

入れ歯治療

入れ歯治療とは、ブリッジ治療やインプラント治療とは異なり、取り外し式の義歯を使用し、歯の欠損を補う歯科治療法です。歯を失った場合でブリッジ治療が適応できない場合には、一般的に部分入れ歯もしくは総入れ歯での治療となります。
プラスチックの入れ歯なら保険が適用されますので、安価に作ることができるという利点はありますが、取り外し式のため手入れが大変、臭いがつきやすい、ガタついてしっかり噛めないという欠点などもあります。また、入れ歯は全体的に大きな構造をしているため違和感が大きく、話しづらくなってしまうという欠点もあります。

クラスプ(針金)を前歯や奥歯にかけて義歯を固定します。針金をかける歯に大きな力がかかるため、固定現となる歯の寿命が短くなってしまうという欠点があります。
また、お口を開けた時に針金が見えてしまうため、見た目がかなり悪くなってしまうという審美的な欠点もあります。

歯肉(歯茎)や周辺組織で支える総入れ歯は、お口の中全体を覆ってしまうので、食べ物の味や温度をほとんど感じられなくなることがあります。また、噛みづらい・食べ物のカスが歯肉と入れ歯の隙間に入って痛い、食べる際に入れ歯がはずれてしまうなど、食事をすることにストレスを感じてしまうケースも少なくありません。時には会話中に総入れ歯が外れてしまうということもあります。更に顎の骨や歯肉の痩せることによって、すぐに入れ歯が合わなくなってしまうことも大きな欠点と言えるでしょう。

インプラント治療を併用した完全固定式の連結ブリッジ治療

All-on-4or6用連結ブリッジ・AGCセラミック連結ブリッジ

インプラントを土台とした固定式の連結ブリッジなら、天然の歯と同じようにしっかりと噛むことができます。歯肉や口蓋(うわあご)を覆うこともありませんので、歯を失う前と同じように食べ物の温かさや冷たさを楽しむことができます。

インプラント治療を併用した半固定式の入れ歯治療

磁性アタッチメント義歯・バーアタッチメント義歯

インプラントを土台とした半固定式の総入れ歯なら、天然の歯と同じとまではいきませんが、通常の入れ歯のように話をしている最中に入れ歯がはずれてしまったり、お口の中で入れ歯が遊んでしまったりするようなことはありません。歯肉や口蓋(うわあご)を覆う範囲もかなり小さくすることができるので、歯を失う前と同じように食べ物の温かさや冷たさを楽しむことができます。

丁寧な歯磨きと歯科医院での定期的なメンテナンスが必要となりますが、顎の骨や歯肉がやせても、総入れ歯のようにすぐに合わなくなるようなことはありません。インプラント治療入れ歯治療の欠点を大きく改善した優れた治療法ですが、保険が適応されませんので、治療費用が高くなってしまうということだけが唯一の欠点となってしまいます。

早期のインプラント治療をお勧めする理由

入れ歯の使用により、顎の骨と歯肉がやせてしまうことは前述のとおりです。やせるということは骨の量が少なくなるということです。骨の量が少なくなるとインプラント治療が難しくなってしまいます。その場合、骨の量を増やしてあげる必要がでてくるのですが、増やす骨の量が多ければ多いほど患者様にかかる外科的・費用的負担は大きくなってしまいます。歯を失ってしまったら早期にインプラント治療を受けることをお勧め致します。



上記記事は、
吉祥寺セントラルクリニック

インプラント口コミ評判ランキング

東京都武蔵野市吉祥寺本町1-4-18-5F
TEL:0120-203-640
からの情報発信です。この記事を見て通院したいなと思う方は、以下をクリックしてください。
http://www.k-central.jp/


スポンサード リンク

ホーム>インプラント義歯

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional