【掲載方法】

インプラント歯科治療インプラント 口コミ 評判 ランキング

ホーム>インプラント歯科治療

スポンサード リンク

インプラント歯科治療

インプラント歯科治療の流れ

インプラント歯科治療の流れ

次へ

戻る




  • <歯科医>
    「インプラント歯科治療は、インプラント(人工歯根)を顎骨に埋め込むための、十分な骨の厚みと骨密度が必要となります。歯周病で歯を失った場合は、骨密度が不足していることがあります。その場合は、骨再生治療をおこないます。」
    「また、インプラントの治療方法には、手術が1回で済む一回法と手術が2回必要な二回法があります。一回法は手術を2回おこなう必要がない反面、一回法に比べ、手術後の感染のリスクが高くなります。」
  • カウンセリング
    問診、口腔内診査等をして、カウンセリングを十分におこないます。
  • 精密検査
    健康診断、模型製作、CTレントゲン撮影、口腔内検査などの精密検査をして、治療計画を立てます。
  • 骨再生治療
    インプラント(人工歯根)を埋め込むのに十分な顎骨がない場合は、骨を再生させる治療をおこないます。
    歯肉を開いての手術になるため、インプラント(人工歯根)埋没手術と同時におこなうこともあります。
  • インプラント(人工歯根)埋没手術
    麻酔をして、顎骨にインプラント(人工歯根)を埋め込む手術をします。
    一回法はインプラント(人工歯根)の一部を歯茎より露出させた状態で挿入します。
    二回法はインプラント(人工歯根)を挿入後、完全に歯茎を閉じます。
    その後、インプラント(人工歯根)と顎骨が結合されるまで、2~6ヶ月ほど安静期間をおきます。
  • インプラント二次手術
    二回法のインプラント治療は、インプラント(人工歯根)と顎骨が結合されてから、再度歯肉を開き、人工歯を取り付けるための連結部(アバットメント)を装着します。
    その後、歯肉が安定するまで1~数週間おきます。
  • 人工歯製作
    お口の歯型をとり、専門の歯科技工所で人工歯を製作し、完成した人工歯をインプラント(人工歯根)に装着します。
  • メンテナンス
    インプラントを長持ちさせるためには、定期検診が大切です。また、ご自身の自己管理も重要となりますの、歯科医師の支持を守ってください。

スポンサード リンク

ホーム>インプラント歯科治療

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional