【掲載方法】

入れ歯 インプラント 比較インプラント 口コミ 評判 ランキング

ホーム>入れ歯 インプラント 比較

スポンサード リンク

入れ歯 インプラント 比較

インプラントに関する動画

入れ歯 インプラント 比較

インプラントに関する動画

入れ歯の種類
[check]レジン(プラスチック)素材義歯(保険給付)
歯ぐきと似た色合いのレジン(プラスチック)素材を用いた入れ歯です。とめ具として細い金属ワイヤーを用います。保険給付対象のため比較的安価ですが、噛む力に耐えられるだけの強度を得るために、入れ歯全体が厚くなってしまいます。そのためお口の中での異物感が強いのが欠点です。また、とめ具の金属ワイヤーが目立ってしまい、審美的でない場合があります。

[check]金属素材義歯
患者様の顎の形に合わせて、うすい金属(コバルト-クロム合金)のプレートを用いることで、十分な強度を得ながら厚みを最小限におさえた入れ歯です。「キャスト」といって、一体成型の鋳物で作られているため、お口の中へのフィット感はレジン義歯と比較してとても良好で、強度も比較にならないほど高いものです。しかし、基本的な入れ歯の形は上記のレジン義歯と大きく変わらないので、やはりとめ具のワイヤーが目立ってしまう場合があります。

[check]ノンクラスプ義歯
「どうしても入れ歯のとめ具が見えてしまうのが受け入れがたい・・・」そんな入れ歯の欠点を克服してくれるのが、ノンクラスプ(金属バネなし)義歯です。従来の入れ歯のプラスチック部分を特殊な超弾性樹脂で作ることで、入れ歯それ自体に従来のプラスチックとは比較にならない弾性をもたせ、とめ具(金属バネ)を不要にした入れ歯です。
特に、見えやすい前歯にとめ具がかかってしまうケースでは、とても審美的に仕上げることができます。

[check]アタッチメント義歯
金属のとめ具を露出させないという点ではノンクラスプ義歯と同じですが、維持を求める自分の歯に細工を施し、ジョイント装置を見えないように入れ歯の内部に隠してしまう特殊な入れ歯です。ジョイント装置には洋服のフックボタンのようなタイプや、磁石の磁力を利用したものなど、様々なタイプがあります。残された自分の歯と入れ歯を互いに強固につなぐことが可能になるため、入れ歯特有のお口の中での「がたつき」を最小限に抑えることができ、しっかりと噛み応えがあるのが特徴です。

[check]シリコーン義歯
入れ歯を支える顎の土手が極端に痩せてしまっている方は、硬い入れ歯歯ぐきの粘膜が耐えられず、噛むたびに痛みを生じてしまいます。まるで硬い板の間に正座をするようなものですね。それでは、入れ歯が衝撃を吸収するようなクッション素材でできていれば・・・
そんな発想から生まれたのがこのシリコーン(ゴム)義歯です。入れ歯の内面(歯ぐきと接触する部分)に特殊なシリコーンをコーティングして、強く噛んだときにその力を緩和・吸収します。


スポンサード リンク

ホーム>入れ歯 インプラント 比較

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional