【掲載方法】

象牙質知覚過敏症インプラント 口コミ 評判 ランキング

ホーム>象牙質知覚過敏症

スポンサード リンク

象牙質知覚過敏症

象牙質知覚過敏症

象牙質知覚過敏症とは、歯の内部である象牙質が露出して、冷たいものなどの刺激で痛みを感じる疾患です。
一般的に、知覚過敏とよばれています。

不適切なブラッシング(摩耗症)や咬合力による(咬耗症)、酸触症によって引き起こるくさび状欠損が原因だと言われています。

軽度の場合は知覚過敏用の薬品を塗り、重度の場合は摩耗・欠損した部分に、レジンや結晶物を詰めるといった治療を施します。最近ではレーザーでの治療も可能です。
最悪の場合、抜髄をして痛みを感じないようにします。

英語では、Hypersensitive Dentin(Hys)、Dentin Sensitivityなどいくつかの呼び方が存在します。


スポンサード リンク

ホーム>象牙質知覚過敏症

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional