【掲載方法】

骨誘導再生法(GBR)インプラント 口コミ 評判 ランキング

ホーム>骨誘導再生法(GBR)

スポンサード リンク

骨誘導再生法(GBR)

骨誘導再生法(GBR)

骨誘導再生法(GBR法)とは

骨誘導再生法(ガイデット・ボーン・リジェネレーション/GBR法)とは、骨の量の不足によりインプラントが完全に骨の中におさまりきらず、インプラントの一部が骨の外側に露出してしまうことが予想されるケースに対し、露出が予想される部分にメンブレンと呼ばれる人工膜を覆い被せることにより、骨の再生を促す治療法です。



骨誘導再生法(GBR法)の流れ、治療期間

骨誘導再生法(GBR法)1

インプラントの露出部分が多いと、汚れがたまりやすく、感染の原因となってしまいます。また、骨に維持されている部分が少なくなってしまうことから安定性も悪く、将来的にトラブルの原因となる危険性があります。

骨誘導再生法(GBR法)2

骨の量の不足によりインプラントの一部が骨の外側に露出してしまうことが予想される部分をメンブレン(人工膜)で覆います。メンブレンは小さなネジで固定することもあります。

※不足している骨の量が多い場合は骨補填材を併用することもあります。

骨誘導再生法(GBR法)3

患者様の状態により個人差はありますが、概ね4~6ヶ月で骨が再生されます。
メンブレンの使用法には、インプラント埋入と同時にメンブレンを使用する場合と、メンブレンを使用し骨の量が回復してからインプラントを埋入する2つの方法があります。




医科併設だから可能な感染リスクの低い、安心の骨再生療法

骨再生療法

骨誘導再生法を行う際には、骨造成を誘導するためのメンブレン(人工膜)が必要となります。一般的には人工メンブレンを使用しますが、当クリニックでは、医科を併設していることもあり、患者様ご自身から採血した血液を最新の再生医療機器メディフュージにより遠心分離させてできるCGF(完全自己血液由来のフィブリンゲル)を用いたCGFメンブレンを基本的に使用しております。患者様ご自身の血液を利用していることに加え、添加物を一切使用しておりませんので、感染のリスクが低減されるというメリットがあります。

上記記事は、
吉祥寺セントラルクリニック

インプラント口コミ評判ランキング

東京都武蔵野市吉祥寺本町1-4-18-5F
TEL:0120-203-640
からの情報発信です。この記事を見て通院したいなと思う方は、以下をクリックしてください。
http://www.k-central.jp/


スポンサード リンク

ホーム>骨誘導再生法(GBR)

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional