インプラント 歯科 神奈川県| 口コミ 評判ランキング【Dr.NAVI】

スポンサード リンク

インプラントのための骨再生治療

インプラントを埋めるのに必要な骨がない場合

歯周病や歯を喪失後の歯槽骨吸収などで骨が痩せ、インプラントを埋め込むために必要な骨の量が十分にない場合に、その骨を補うために行う治療法

GBR法(骨再生誘導法)

Guided Bone Regenerationの略

歯肉を開き、骨が不足している部分に、歯肉などの組織細胞の混入を防ぐ人工メンブレン(人工の膜)を覆い、骨を作るスペースを確保し、その中に、骨のもととなるものを詰めて、歯肉を被せ、骨の再生を促す治療法です。
インプラント挿入前に行う場合と、インプラント挿入時に行う場合があります。

GTR法(組織再生誘導法)

Guided Tissue Regenerationの略

歯周病が進行すると歯を支えている周りの骨が吸収されてしまします。吸収されてしまった歯槽骨は歯周病治療を行っても再生されません。
その理由は、骨が再生されるよりも歯肉の回復のほうが早く、歯槽骨などの歯周組織が回復するためのスペースを歯肉が埋めてしまうためです。
この回復するためのスペースを確保し、歯周組織の再生を行うのがGTR法です。
まず、歯肉を剥がし、歯石や歯垢を除去して歯と歯茎の間を清潔な状態にします。骨が不足している部分に、、歯肉などの組織細胞の混入を防ぐ人工メンブレン(人工の膜)を覆い、骨を再生させるスペースを確保し、清潔な状態を保ち、歯周組織の再生を待ちます。再生ができたら人工メンブレン(人工の膜)を取り除きます。

エムドゲイン法

歯肉を剥がし、歯石や歯垢を除去して歯と歯茎の間を清潔な状態にし、歯肉の中に歯周組織の再生を促進させるエムドゲインゲル(歯周組織再生誘導材料)を挿入して、骨が再生するスペースを確保します。
エムドゲインゲルは歯周組織の再生を促進させながら吸収されるため、取り除く必要がありませんが、再生できるスペースを多く取ることができません。


スポンサード リンク




スポンサード リンク







最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional