【掲載方法】

インプラント ブリッジ 比較インプラント 口コミ 評判 ランキング

ホーム>インプラント ブリッジ 比較

スポンサード リンク

インプラント ブリッジ 比較

インプラントに関する動画

インプラント ブリッジ 比較

インプラントに関する動画

ブリッジの種類
[check]保険給付ブリッジ
保険給付ブリッジでは、見えやすい前歯の部分は、心材に金属(金銀パラジウム合金)を使用し、表面に歯の色をしたプラスチックを貼り付けたレジン前装冠をつかいます。奥歯は同じく金銀パラジウム合金を使用した完全なる金属冠をつかいます。費用はリーズナブルですが、プラスチック部分は経年的な磨耗や変色で当初の審美性はうしなわれてしまいます。また、金属のしっかりとした裏打ちが必要なため、天然歯の透明感のある美しさの再現は難しくなってしまいます。
[check]メタルボンドブリッジ(保険給付外)
強度を保つための心材は金含有量の高い陶材焼付け用金属を使用し、見える部分は裏も表もセラミックでカバーします。強度と審美性を兼ね備えた、信頼のある治療法です。セラミックはガラス粒子を高温で焼成してできる素材です。強さと美しい透明感が特徴で、繊細な色調表現が可能なことから、歯科用修復材料として広く用いられています。例えていうなら「焼き物」と似た素材といえます。江戸時代の皿が美しい艶を持って現存していることが、セラミックという素材の耐久性を何よりも雄弁に物語っているといえます。
セラミック自体が高い強度を持っているので、金属の心材の量を大幅に減らすことができ、歯の本来持っている質感や色調の再現性に優れています。
しかし、わずかとはいえ心材に金属を使用しているため、深い透明感の再現性が不十分であるという欠点があります。
[check]オールセラミックブリッジ(保険給付外)
強度を保つための心材に、人工ダイヤモンドといわれる「ジルコニア」を使用し、見える部分はセラミックでカバーします。ジルコニア自体は白色のため、金属の暗い色調は存在しません。メタルボンドの欠点を補った、現時点で考えうるもっとも審美性と強度のバランスに優れた素材です。


スポンサード リンク

ホーム>インプラント ブリッジ 比較

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional