【掲載方法】

インプラント治療 奥歯インプラント 口コミ 評判 ランキング

ホーム>インプラント治療 奥歯

スポンサード リンク

インプラント治療 奥歯

インプラントに関する動画

インプラント治療 奥歯

インプラントに関する動画

奥歯はインプラント治療の中でも症例が多い歯と言われます。奥歯を入れ歯にしてしまうと噛む力が半分以下に落ちてしまいますし、ブリッジでは周囲の歯を支えとしてかぶせるため、他の歯に負担をかけることになってしまいます。その点、インプラント治療の場合は周囲の歯もそのままに噛む力を天然の歯とほぼ同じくらいまで回復できるので、インプラントにする方も多いのではないでしょうか。インプラントは骨に人工歯根を埋め込んで固定させるので強い力で噛めるようになるのです。また、奥歯でよく噛むことができるようになると、歯ぐきの血行や唾液の循環もよくなるので、歯ぐきが健康になり免疫力が向上するというメリットもあります。奥歯を失ってしまうとバランスが崩れてしまうので、片側だけに負荷がかかってしまい顎関節症を引き起こしてしまうこともあります。

「前歯インプラント」と「奥歯インプラント」で治療に違いがあります

インプラントの治療において、じつはどの歯でも同様の治療法でおこなうわけではなく、インプラントを埋入する箇所や骨の状態によって治療の難易度や方法に違いが現れます。とりわけ「前歯のインプラント」と「奥歯のインプラント」では、大きな差がみられます。実は、「前歯のインプラント」の方が、奥歯に比べて治療の難易度が圧倒的に高いのです。その理由は、日常において奥歯よりも前歯の果たしている役割に、大きく関係しています。その一つが、前歯は口を開けた時に最も目立つ場所にあるがゆえに、見た目の美しさ・審美性を追求する必要があるという事です。口元の印象は、初対面の人の第一印象を左右してしまうほど大事になってきます。ですので、前歯の色合いや質感はもちろん、歯茎の位置までにこだわった施術をする必要があるのです。また、食べ物を噛みきる時や、発音する時などに重要な役割を果たしているのも奥歯よりも前歯であるのです。前歯のインプラントは、この「審美性」と「機能」の両方を重視しなければならないため、インプラント手術の難易度も高くなり、より自然で透明感のある人工歯を使用するために、費用も高くなる場合が多いのです。そこで下記では、「前歯のインプラント」と「奥歯のインプラント」の特徴について紹介します。

歯インプラントの特徴

  • 骨の幅が少なく、問題になる組織があまりないことから、比較的長く細いインプラントを埋入していきます
  • 歯の機能回復に加え、自然で違和感のない審美性の高いインプラント治療が求められるため、治療の難易度も高くなる
  • 治療費が高くかかることが多い

歯インプラントの特徴

  • 骨の幅があるため、太いインプラントを奥歯に埋入しますが、顎に問題となる組織があるため長さのあるインプラントは奥歯に埋入できない場合がある
  • 口が開きにくい場合、手術の時や奥歯の型取りの時に器具を入れることが難しく、顎が疲労してしまう場合がある

スポンサード リンク

ホーム>インプラント治療 奥歯

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional